PowerDMARCダッシュボード

機能

設定

設定

PowerSPF

PowerSPF

SPFエスピーエフ(Sender Policy Framework)は、管理しているドメインのメールアドレスを使って送信できるMTA(Mail Transfer Agent)をDNSのレコードとして記載する事で、明示的に許可されたMTAを受信側のMTAに通知する仕様です。

PowerToolBox

PowerToolbox

PowerToolboxとは、SPF、DMARC、DKIM、BIMI、MTA-STS、TLS-RPT、NS、MX DNSレコードのテストツールです。
お客様のドメインのwhois情報、IPアドレスのブラックリスト登録状況、PTR DNSレコード、FCrDNSチェック結果も調べられます。

DNSレコード生成ツール

DNSレコード生成ツール

DNSレコード生成は、DMARC、SPF、DKIM、BIMI、TLS-RPTといった各種DNSレコードを間違えずに生成できるようにしたGUIツールです。

PowerBIMI

PowerBIMI

PowerBIMIとは、BIMIの設定をGUIで行い、メールの受信箱に表示されるSVGフォーマットのシンボルマークとVMCを第三者のホスティングで提供する機能です。

PowerMTA-STS

PowerMTA-STS

PowerMTA-STSとは、MTA-STSの設定をGUIで行い、SMTPSやPOPS/IMAPSと組み合わせて、End-to-Endのメール配送経路の暗号化を成し遂げる機能です。

PowerAnalyzer

PowerAnalyzer

PowerAnalyzerは、SPF、DKIM、DMARC、BIMI、MTA-STS、TLS-RPTについて、現在の設定状態を診断してくれる機能です。
レポートとしてPDFファイルにして出力も可能です。

PowerAlert

PowerAlert

PowerAlertとは、DNSのレコード変更を検出したり、フォレンジックレポートの分析である一定の数を超えたなりすましメールを検出した際に、指定のメールアドレスにアラートメールを送る機能です。

監査

監査

DMARC対応送信源別

DMARC対応送信源別

DMARC対応送信源とは、SPFまたはDKIM認証を使用してDMARC準拠のメールを送信できるプラットフォームのことです。
これらのソースには、SPFまたはDKIMを設定する方法についてのオンラインドキュメントがあります。
DMARC対応送信源は、一般的に信頼できる送信源として知られています。

結果別

結果別

結果別の画面では、SPF、DKIM、DMARCの適合状況を結果別に集計してあり、結果から詳細を追えるようになっています。

組織別

組織別

組織別の画面では、SPF、DKIM、DMARCの適合状況を受信した組織別に集計してあり、組織から詳細を追えるようになっています。

ホスト別

ホスト別

ホスト別の画面では、SPF、DKIM、DMARCの適合状況を送信したMTA別に集計してあり、MTAから詳細を追えるようになっています。

国別

ホスト別

国別の画面では、SPF、DKIM、DMARCの適合状況を送信した国からMTAという並びで集計してあり、国から詳細を追えるようになっています。

詳細統計

詳細統計

国別の画面では、SPF、DKIM、DMARCの適合状況を送信した国からMTAという並びで集計してあり、国から詳細を追えるようになっています。

地理位置情報レポート

詳細統計

国別の画面では、SPF、DKIM、DMARCの適合状況を送信した国からMTAという並びで集計してあり、国から詳細を追えるようになっています。

分析

分析

DMARCフォレンジック

DMARCフォレンジック

DMARCフォレンジックの画面では、RUFレポートで届いたなりすましメールについて、ドメイン、日付範囲、件名、ホスト名やIPアドレスで検索できます。

脅威インテリジェンス

脅威インテリジェンス

国別の画面では、SPF、DKIM、DMARCの適合状況を送信した国からMTAという並びで集計してあり、国から詳細を追えるようになっています。

お問い合わせフォーム

本サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ PowerDMARCに関するお問い合わせ