Hosted DMARC

Hosted DMARC

Hosted DMARCとは、DMACの設定変更をDNSのエントリに直接書くのではなく、PowerDMARC上で一元管理する機能です。
仕組みとしては、CNAMEでDMARCをPowerDMARC側のドメインにマップして、PowerDMARCのDNSに自動で書き込まれたDMARCの設定を参照させます。

設定手順

1. お客様DNSでCNAMEの設定

御社のDNSに、Hosted DMARCの画面で発行された御社専用のCNAMEレコードを設定します。

2. DNSキャッシュが切れるのを待つ

DNSのキャッシュが切れるのを待ちます。
基本は、御社のDNSのTTLの値に影響されますが、PowerDMARC側のエントリチェックのサイクルにも影響されます。
数時間お待ち下さい。

3. 設定

DNSのキャッシュが切れて、DMARCがCNAMEとしてPowerDMARCのDNSエントリを参照するようになれば、設定を開始できます。
DMARCの設定をGUIの画面で設定し保存ボタンを押すだけで、自動的に反映されます。
文法エラーや設定ミスなど、心配が無くなります。

お問い合わせフォーム

本サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ PowerDMARCに関するお問い合わせ