Terms and Conditions

利用規約

本利用規約(以下「本規約」)は、株式会社Spelldata(以下「当社」)が提供するMENAIFNOSEC Inc(以下、「MENAINFOSEC」)のPowerDMARCを含む高度なセキュリティソフトウェアおよびサービス(以下「本サービス」)の利用条件を定めるものです。

第1条(同意等)

本サービスの利用者(以下「利用者」)は、本規約の定めに従い本サービスを利用するものとし、本サービスを利用する場合、利用者は、本規約の定めに同意したものとみなされます。
本サービスにおいて個別利用契約が当社と利用者との間で締結された場合、利用者は、本規約及び個別利用契約の双方に従って本サービスを利用しなければならず、個別利用契約に本規約と異なる定めがある場合は、個別利用契約が優先します。

第2条(本規約の変更)

当社は、当社が必要と認めた場合に、本規約の内容を変更することができるものとします。
当社は、当社ウェブサイトへの掲示等により、あらかじめ変更後の内容および効力発生時期を通知します。
同時期以後に利用者が本サービスを利用した場合、利用者は変更内容に同意したものとみなされます。

第3条(通知方法)

当社から利用者への通知方法は、本サービスについての利用者の登録eメールアドレスへの送信又は当社ウェブサイトへの掲示を原則とし、必要に応じ、利用者の登録住所への郵送等当社が適切と認める方法で行われます。
登録されたeメールアドレスに当社からの通知が送信された場合、当該通知は利用者が受信したものとみなされます。

第4条(本サービスの内容等)

本サービスは、メール認証システムによるなりすましメール対策を目的とするもので、本サービスによって利用者に提供されるサービス内容は、下記URL(以下「本サービス内容URL」https://maildata.jp/)に掲載されたとおりとします。
利用者は、本サービス内容URL記載のサービス区分に応じ、本サービスを利用できます。

本サービスは、MENAINFOSECが提供する高度のセキュリティサービスをMENAINFOSECのリセラーとして、当社が利用者に提供するものです。
そのため、本サービスは、MENAINFOSECの判断で、利用者に事前に通知することなく内容が変更され、又は提供が停止される場合があります。
MENAINFOSECの判断で、本サービスの提供が停止された場合は、停止された月の翌月から再開されるまでの期間(再開までに契約期間が満了した場合は満了まで)、利用者は利用代金を支払う義務を負いません。

本サービスは、MENAINFOSECのセキュリティ製品に関する使用許諾(以下「EULA」)に基づいて提供されます。
EULAは、下記URLで公開されています。
PowerDMARC EULA

利用者は、本サービスがEULAの対象であることを理解し、また、EULAはMENAINFOSECによって適宜改定されることがあることを承諾します。

第5条(支払方法)

利用者は、当社が指定する支払い方法で、利用代金を当社に支払うものとします。
本サービス契約は、利用希望者から当社が申し込みを受け、当社がこれを審査し、当社が承認した場合に成立します。
本サービスの契約期間は1年間とし、その後契約期間満了月の45日前までに、利用者又は当社から当社が定める方法によって停止通知がされない場合は、さらに1年間更新され、以後同様とします。

月途中に利用開始された場合も、利用者は、当月分全額を支払うものとします。

第6条(サービス停止、解約)

当社は、無料・有料を問わず、利用者による本規約違反、利用料金の滞納、利用者の破産・民事再生手続申立等の信用喪失、風説流布、偽計、威力による当社の信用毀損、業務妨害が生じた場合、その他これらに類する事情が生じた場合、本サービス提供の中止、本サービス契約の解約を行えます。
これらによる中止、本サービス契約解約の場合、本サービスの利用者は、契約期間中の利用代金を支払わなければなりません。

第7条(知的財産権)

本サービスに関する知的財産権は、MENAINFOSEC又は当社に帰属します。
利用者に権利が移転することはありません。利用者は、本規約及びEULA(個別利用契約がある場合は同契約)の範囲において、非独占的利用権のみが付与されるものとします。

第8条(権利移転禁止)

利用者は、本規約に基づく一切の権利義務を、第三者に譲渡し、承継し、その他一切の処分をすることはできません。

第9条(個人情報)

当社及び利用者は、相手方から提供を受けた個人情報は、法令、ガイドライン等関係諸規定に基づいて管理・保護し、漏洩等防止のための適切な措置を行うものとします。

第10条(免責)

当社は、当社の責任によって利用者に損害が生じた場合、利用者が損害発生前1年間に当社に支払った利用代金額を最大上限として、利用者に対し、その損害を賠償します。
いかなる理由に基づいても、利用者は、当該最大上限を超える賠償額を当社に請求することはできません。
当社は、MENAINFOSECの判断、又はやむを得ない技術上の理由等に基づく場合、その他の理由によって、本サービス内容の変更、停止をすることができます。
この場合、本サービス内容の変更について当社は一切の責任を負いません。本サービス提供停止の場合は、第4条の記載に従うものとします。

第11条(反社会的勢力の排除)

当社及び利用者は、本サービス利用開始5年前から現在、将来に渡って、自らが暴力団、暴力団員、暴力団関係企業等ではないことを保証します。
もし、これらに該当した場合は、本規約に基づくすべての契約を相手方から解除されることに異議はなく、解除された当事者は、相手方に生じた損害を賠償する責任を負い、また、相手方に対し、損害賠償その他何らの請求をすることはできません。

第12条(準拠法、管轄裁判所)

本規約は日本法に基づき解釈され、当社と利用者は、本規約に関する訴訟について東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とすることに合意します。

(本規約発効日)

2021年11月1日