チュートリアル

PowerAlert

PowerAlertとは、DNSのレコード変更を検出したり、フォレンジックレポートの分析である一定の数を超えたなりすましメールを検出した際に、指定のメールアドレスにアラートメールを送る機能です。
3つのアラートを送る事ができます。

DNSアラート

ドメインのDNSを監視して、DNSレコードが追加、変更、削除が確認されたり、エラーを検知した場合に、指定のメールアドレスにアラートメールを送ります。
複数ドメインをPowerDMARCで運用している場合には、一括で全てを有効化、もしくは個別のドメイン単位で有効化ができます。

フォレンジックアラート

ドメインでフォレンジックインシデントが確認された場合、アラートメールを送ります。
複数ドメインをPowerDMARCで運用している場合には、一括で全てを有効化、もしくは個別のドメイン単位で有効化ができます。

閾値アラート

ある基準に基づいて、指定した閾値に基づいて、アラートメールを送ります。

閾値アラートで設定できる基準・条件・値
基準条件
  • フォレンジックメール
  • DMARCに合格したメール
  • SPFのみが一致しているDMARCに合格したメール
  • DKIMのみが一致しているDMARCに合格したメール
  • SPFとDKIMの両方が一致しているDMARCに合格したメール
  • SPFが一致しないDMARCに合格したメール
  • DKIMが一致しないDMARCに合格したメール
  • SPFとDKIMの両方が一致しないDMARCに合格したメール
  • SPFが一致しないDMARCに合格した転送メール
  • DKIMが一致しないDMARCに合格した転送メール
  • SPFとDKIMの両方が一致しないDMARCに合格した転送メール
  • SPFが一致しないDMARC失敗メール
  • DKIMが一致しないDMARC失敗メール
  • SPFとDKIMの両方が一致しないDMARC失敗メール
  • SPFが一致しない転送DMARC失敗メール
  • DKIMが一致しない転送DMARC失敗メール
  • SPFとDKIMが一致しない転送DMARC失敗メール
  • DMARCに失敗したメール
  • ローカルポリシーでDMARCに失敗したメール
  • DMARCに失敗したメールを転送しない
  • DMARCに失敗した転送メール
  • DMARC解析が「なし」に等しいメール
  • DMARC解析が「隔離」に等しいメール
  • DMARC解析が「排除」に等しいメール
  • SPF解析が「なし」に等しいメール
  • SPF解析が「中立」に等しいメール
  • SPFチェックに失敗したメール
  • DKIM解析が「なし」に等しいメール
  • DKIM解析が「中立」に等しいメール
  • DKIM解析が「ポリシー」に等しいメール
  • DKIMチェックに失敗したメール
  • 転送メール
  • ローカルポリシーを持つメール
  • 超過(>)
  • 以上(>=)
  • 以下(<=)
  • 未満(<)
  • 通数
  • パーセント値

お問い合わせフォーム

本サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ PowerDMARCに関するお問い合わせ