セットアップウィザード

セットアップウィザード

セットアップウィザードに従って、3ステップの作業をすれば、簡単にPowerDMARCの利用が開始できます。

設定の3ステップ

  1. ドメイン名を入力します。
  2. DMARCのポリシーを決めます。
    • 運用の実績がまだ無いのであれば、まずは、現状把握のために1ヶ月は、p=noneでレポートを受け取るだけにすることをお勧めします。
    • RUA/RUFレポートは、複数のメールアドレスで受信できます。デフォルトで入っているPowerDMACのアドレス以外にも、受信したいメールアドレスを追加できます。
    • サブドメインからメール配信をしていて、サブドメインからのメールについて別の運用ポリシーを適用するのでなければ、SPF/DKIM Alignmentはrelaxモードで運用されることをお勧めします。
  3. DNSに設定するレコードが発行されます。それをDNSに設定すれば完了です。

DMARC設定の運用をもっと簡単に - Hosted DMARCのご案内

ホスト型のDMARCを利用すると、DMARCのポリシー変更をする毎に、DNSのエントリを書き換える必要が無くなるので、便利です!
Hosted DMARCのページも是非ご覧下さい。

お問い合わせフォーム

本サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ PowerDMARCに関するお問い合わせ